女性

原因を突き止めて頭痛を改善しよう|痛み解消Guide

病気が疑われる頭の痛み

診断

症状と病気とのつながり

頭痛持ちになってしまう人は多いものの、いつも悩まされているわけではないからと我慢してしまう人も大勢います。頭痛に悩まされる原因も複雑であり、他の病気がかかわっていることもあれば、心因による場合もあり、急激な温度変化や大きな音や衝撃などの外的なストレスによって生じることもあります。原因の特定がしばしば難しく、いつ始まって、いつ終わるかわからないというのが頭痛の特徴です。市販の解熱鎮痛剤を飲めば多くの場合には痛みを抑えることができるのも一般的な頭痛の特徴です。それゆえに原因をあまり深く考えず、病院に行くこともなく済ませてしまうことが多くなっているのが実情です。しかし、現実的な問題として多く重篤な疾患における初期症状として頭痛が生じることがしばしばあります。高血圧が進行すると頭痛を伴うことも多くなり、自律神経失調によっても生じることがあります。原因が特定できないときほど気をつけなければならず、病院に行って原因の究明を行った方が基本的には安心できるようになると思うべきなのも特徴といえるでしょう。

病気かもしれないとき

頭痛が特に長続きするときには解熱鎮痛剤で抑えてしまわないのが得策です。ひどい場合には解熱鎮痛剤をいくら飲んでもあまり効果がないということもあります。そういったときに我慢をして生活するよりも、病院に行って診察を受けると良いでしょう。そうすることによって万が一に何らかの病気を持っていて、それが原因となっていたときには治療を行うことができるようになります。それが重篤な病気であったとしたら、その初期症状として発見できるのがメリットであり、完治できる可能性が高まります。一方、病院に行くというときに何科に行くべきかということは誰もが悩むものです。様々な病気から頭痛が生じる可能性があるものの、自分としては頭が痛いということしか心当たりがないということもよくあるからです。そういったときに一番良いのは手近にある一般内科です。もし長続きしていたり、解熱鎮痛剤が効かないとなれば様々な検査を行って、必要な診療科へと紹介してくれるからであり、正体不明の頭痛を診なれている内科が最も確実な行き先なのです。