女性

原因を突き止めて頭痛を改善しよう|痛み解消Guide

痛みの原因を知る

頭を押さえる女性

間違った対処法を知る

よくある頭痛の原因としては、偏頭痛と緊張型頭痛があげられます。このふたつの頭痛は慢性の頭痛に悩まされている人の痛みの症状として最も多いと言えるものですが、気をつけなければいけない点があります。まず偏頭痛は、血管が広がってしまったことが原因だと言われています。血管が広がる原因についてはまだ特定されておらず諸説ありますが、広がった血管を冷やすことが症状を緩和させるのに有効だとされています。一方、緊張型では逆に、筋肉が凝り固まって血管が細くなったりすることが原因とされ、こちらは温めて筋肉の緊張をほぐすことが症状の改善に有効とされています。同じ頭痛の改善でも、対処法がまったく正反対なのです。このふたつの頭痛を知らないで対処法を探してしまうと、自分の症状とは違う対処法を誤って行ってしまう可能性があるので、注意が必要です。また、頭痛の原因はこのほかにもあるので、頻発するようでしたら原因病院できちんと診察を受けて、正しく原因を特定して、医師の判断で薬を処方してもらうと良いです。

命に関わる痛みに要注意

頭痛はその多くは偏頭痛、緊張型頭痛で、これらは体質や生活状況によって起こるため気長な対応が必要になります。しかし頭痛の原因はこれだけではありません。痛みがあまりにもひどい場合や頻度が多い場合には別の病も疑って、原因病院できちんと診察を受けることをおすすめします。原因病院に行くのは症状が出ていない時になることが多いですが、問診票や口頭の質問によって症状を確認し、原因を特定していくことになるので、実際にどのような症状があったかはメモを取っておく必要があります。最近では問診内容を事前にインターネットからダウンロードできるところもあるので、ダウンロードした病院に行かない場合でも、どういったことを聞かれるのか参考にすることができます。メモと言っても何をメモすればいいのかわからないという人は、原因病院に行くホームページを開設している病院をいくつか検索して、問診内容の傾向を参考にすると良いです。もちろん、他院の問診内容であっても頭痛の原因を突き止めるには役立つので、その問診票をそのまま使うのもアリです。