女性

原因を突き止めて頭痛を改善しよう|痛み解消Guide

思わぬ症状を見落とさない

悩む女性

いつもと違うと思ったら

老若男女を問わずに現れる、しつこく治りにくい体の異常の一つにあげられるのが頭痛です。 頭痛は日常生活のありとあらゆることが原因で引き起こされる上に、体質的な問題で片付けられる場合も多く、結果的に頭痛がしても大半の人は、病気の診察は後回しにしてしまうのです。 しかし、頭痛は市販の薬を飲めば治るものと軽く見ていてはいけません。その原因は脳や神経の異常を知らせるサインであることも少なくはないのです。 危険性が高い脳の病気では、脳梗塞やくも膜下出血などがあげられますが、そのどちらも初期症状に、重く長引きやすい頭痛が該当します。原因がそのような恐ろしい病気でも、頭痛持ちの方や薬を飲むことが習慣になっている方は、またいつもの症状だと原因もろとも見過ごしがちです。 しかし脳の病気のサインである頭痛には、最大の特徴である、再発性の高さがあります。 いつもは薬を飲めば治まる症状が、1日おきや数時間おきに続いた場合は、至急病院への通院をオススメします。 病院での早期発見はもちろんのこと、病院のかかりつけの医師の判断を仰ぎ、自己判断で病気のサインを見落とさないことが何よりも大切です。また、予約制の病院を利用すれば、普段仕事がある方も確実に足を運べます。

症状の主な特徴

一口に頭痛と言っても、その種類は多いです。 ここでは一般的な頭痛である片頭痛と、うつ病などの精神病が起因となる緊張型頭痛の違いについて説明します。 片頭痛の原因は、主に心身の負荷から解放された際に起こる脳の血管の拡張から来ています。例を挙げると、日頃激務で心身共に疲れきった社会人の方だと、仕事休みの休日に片頭痛が起こりやすいとされています。心身にかかるストレスからの解放が痛みの引き金となってしまう最悪のケースです。ストレスや症状とうまく向きあっていくためにも、医師からのアドバイスや、適切な処方をされた薬での治療をするのが良いでしょう。 一方の緊張型頭痛は、片頭痛とは違いに頭から首筋にかけてギュッと脳をつねられるような痛みがします。先ほども書いたように原因は、うつ病などの精神病とされており、緊張時に頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉がこわばることで、血流が悪化してしまうために痛みを覚えるのです。長時間のデスクワークなどの、決まった姿勢で動かない人々でも、この症状は出やすいです。 いずれの例も、早期の治療で症状を緩和させることは十分可能です。 どの病気にも共通して言えるのですが、ほったらかしが一番良くないので、早めに行動しましょう。